冷凍食品という便利な食を自宅に届けてくれるなんて、半世紀前には予想もできなかった

冷凍食品は、危険ですか?

食べさせる

単身の人の方が世帯数として多くなっては来ているのですが、親と子など、複数で暮らしている人もいるでしょう。そのような場合、食事の用意をする人と、食事をすることしかできない人など、いろんな役割があるでしょう。自分で食事の用意をすることができない子どもさんもいれば、何らかのハンデがあり、自分でできない人もいるでしょうし。そんな場合、食事の用意をする人にとって、調理にかける時間が少ない方が、楽チンですよね。ましてや、介護などをしなくてはならないとなると、余計に大変ではないでしょうか。準備をする人と同じ料理を食べることができればいいのですが、特別に柔く煮たり、することが必要な場合、ちょっとね。時間や経済に余裕があれば、ストレスにならないのでしょうが、ギリギリの生活をしていると、どうでしょう。

食べさせてもらう

食べたいものを自分で選ぶことができない人もいるのは現実。そのような方々は、あまり表面に出てこれない人も多くいるのです。例えば、戸籍上は成人となっていても程度に差はあれ、知的障がいを持っていたり、身体に障がいを抱えていたりすると自分で自分の食事はもとより身の回りのこともできないのがあるでしょう。それは、本人の個人的な努力や責任の問題では内容に思います。そのような人が好む食事はどのようなものでしょう。また、好き嫌いを表現できる人もいる出ようが、できない人もいます。24時間、交代で常にヘルパーさんがついて生活している人もいるのです。冷凍食品は、いろんな人の必要に迫られて開発もされているとも思えてきた昨今です。


この記事をシェアする